越谷市はベッドタウンとしても有名なところですが、観光スポットも少なくありません。水郷の町としても知られているだけあって、水と自然に親しむことができるようなスポットに恵まれているのが特徴です。

たとえば「キャンベルタウン野鳥の森」。これはオーストラリアのキャンベルタウンとの姉妹都市提携10周年を記念して贈られた野鳥を飼育している施設で、22種類160羽以上もの野鳥のほか、オーストラリアを代表する動物として人気のワラビーも飼育されています。

それから「しらこばと水上公園」。自然とアミューズメント施設が融合した施設で、園内には流水プールや変形プール、さざなみプールといった娯楽施設のほか、マス釣りやルアーフィッシングが楽しめるスポットも用意されています。季節を問わず多彩な楽しみ方ができるスポットとして人気です。

史跡も忘れてはならないでしょう。越ヶ谷久伊豆神社は朱塗りの社殿が美しい神社で、平田篤胤が奉納した大絵馬で広く知られています。また境内にはヒノキやケヤキが豊かに生い茂り、荘厳な雰囲気をたたえています。またこの神社では毎年12月15日に縁喜市という市がたち、熊手を売る露店がずらりと並んで多くの客で賑わっています。

イベントとしては10月に実施されている越谷市力持ち大会が人気です。米俵を持ち上げて力自慢を競うこのイベントは地元の人たちの間で高い人気を得ています。

自然が豊かでどこか懐かしい。そんな魅力を持った観光スポットに恵まれた地域なのです。